夢ミルヨウニ眠リタイ

Shall we begin?

カナダから戻り、バタバタと次のシカゴに向かいます。

空港へ車を出してくれるマリーが開口一番に言う。
「ミスターマンデラが死んだんだよ。世代が交替していくね。」

まだ暗い朝の空港、
私は、鬼の引越しのようなスーツケースを持ち込みながら、
マリーの言った「世代交替Generation change」を考えていました。
若い頃はこんなスーツケースや機材は軽く持ち上げ、
寝なくても休まなくてもへっちゃらで、
毎日のようにショーと移動が続いても楽しいだけだったぁ、
ふぅ~、 体力落ちたし、気持ちの輝きも落ちたかな。
世代交替ってことなのかな。

私が生まれた60年代、育った70年代、巣立った80年代、自立した90年代。
鉄腕アトムや秘密のあっこちゃんやバカボン。
友達から嫌というほどきかされたカーペンターズ、ジミヘン。
衝撃がいつまでも抜けなかった寺山修司の演劇、絶対に可愛いと思ったマリリン・モンロー。
大阪とNYで毎日のように聴いたマイルス・デービス、そしてルー・リード。

みんな逝ってしまった。

そして次の世代のヒーロー達が人々の心をかきたてる。

そういえば、、、こないだアトランタの楽屋で,
NYから来た日本人の演劇グループの若い子達となにげに話したんだ。
「ね、くにこさんのがかつて暮らした80年代のNYってもっと刺激的だったでしょ?」
「そうやね、確かに今より危なくて、やけどしそうな感じがあったと思うよ。けどね、私が住んでた頃は、年上の人たちが、70年代はなぁ、もっと今より危なくってな、って自慢したもんなの。多分、彼らが若い頃は、60年代がもっとすごかったって、年上の人から言われたんだと思うんだよ。」

世代交替っていうのはある意味くり返しの部分がある。
その若い子達は、なんだかよくわかんない顔をしてた。
私だって若い頃は世代交替なんてわからなかったし、どうでもよかった。

今週のシカゴーのショーは大学の劇場に小学生が来て、
ステージから見渡すとじっとしてない子供達の群れ。
次の世代がもうそこまで来ている。そして私をじっと見ている。
私は彼らに何かを残せるだろうか、
と月並みなことを考えてみる。
まぁ、いいや、何も残せなくても。残すためにショーをしているんじゃないし、、、
( ↑ 言い訳 & 強がり )
でも確かにいえるのは、
何か残せたらうれしいって事と、
そう思うことが不思議なちからになっている事。
私はここから始めたっていい。Shall I begin?

たくさん残してくれた偉大なミスターマンデラのアパルトヘイト反対運動のインタビューを最後に。
(大まかな和訳:ヨーロッパの支配下にあるのではなく、自分たちの政治をするために、私達は暴力を使わず運動をしていく。)



PS: 彼の事を題材にした映画が封切りになりました。ミスターマンデラ役を演じたのは注目のIdris Elba。


Beautiful Love 'Rround Midnight



Joe Pass おじさんの弾くメロディは、ぼーっとさせられます。思いから思いへと、メロディが私をどこかに連れて行ってくれ、現実逃避にはうってつけだ。新しいショーの企画、プロデュースの仕事、補助金申請のいくつか、などなど、こまごまと嫌々こなした1週間はあと一日で終了。はぁ、、現実逃避している場合ではなかった。。。。明日は連続でフロリダのショーの仕事でした。目覚まし6時セットで、ほんでもって、皿洗い機のタイマーかけて、明日のランチボックスににんじんとバナナとサンドイッチとおにぎりと佃煮とハンバーグ ← なんぼ食べるねん!

えっと、、、ほんで、なんやったっけ?えっと、、、えっと、、、〔アルツハイマーの兆しを感じる夜でした。)
ヤケクソで再び現実逃避。好きなメロディの曲へとまっしぐら。そして夢見るように眠りたい。

さらば悪夢



悪夢は、ストレスや睡眠状態の悪さからくるという。
ストレスがたまっているとは思えないのに、あたし、なぜか見る悪夢。

ショーの時間に遅れる夢、
ステージで全然、何をやってるかわからなくなる夢、
あがいてもあがいても取り戻しがつかないことの連続、、、

朝起きて、夜をもいっかいつかんで、たたいたろか、と思う位、頭にくる。

せっかく寝てるねんで、
せっかくええ気持ちで横になってるねんで、
それをなんやねん!

カチャカチャ****
インターネットで悪夢の対策について調べてみる。
今更、心に深く残ってる悲しみとか、ストレス、とか言われても
対策にならないゆえに、
睡眠の質をあげることを考える。
寝る前に、食べず飲まず、コンピュータもやめ、
川端康成さまの美しい書を読み、
音楽は少しはずして、The Motorcycle Diary のサントラ。

和洋折衷、サービス満点、ホテルオークラや!
ゴージャスに安らかにおねむりくださいませ。今夜こそ★

夢見るような退屈さ

このカテゴリーは
夢ミルヨウニ眠リタイ、、、

気持ちよく退屈な作品に惹かれる私の好きなカテゴリーです。
今日はこのあたりで、眠リタイ。
ソフィア・コッポラ監督 "SOMEWHERE"
(うちのダーリンは退屈のあまりにPSPでゲーム片手に観てはりました。)



夢ミルヨウニ眠リタイ

めちゃ退屈な映画やねんけど、全然飽きずに見た、
、、のを覚えている。

林海象監督「夢みるように眠りたい」

夢みるように眠る作品の感動は、アメリカには少ないと思う。
嵐のような感動がないと、ヒットしない。(ふむ、、当たり前かな、、)
でも
感動は嵐のような興奮がなくてはいけない、わけではない。
静かなまま眠りについてしまうような、
我慢すれすれの退屈の感動、を時々想う。