ティーンの脳のばかちから

4ヶ月にわたって連続したツアーの仕事が終わって、
いつものテンコモリ家事と事務は見ないフリして、プールへ。
3キロ泳ぎ大満足!

終わって大きなホールでレモンのハーブティーをのみ、
大きなソファに座って雑誌NewYorkerの古いのをぱらぱら。

tavi2.jpg

tavi.jpg

15歳の大人気ブロガーTaviの記事が。
Tavi, ファッション*アートのティーンブロガー。そして今は編集者。
最初は自分ひとりで書いていたのが、
毎日5万人の読者が
世界中から彼女のテーマに沿った記事を寄せ、今や多くの読者との
コラボ記事があふれる。

一見は百聞にしかず。
彼女のブログはおとなが見てハッするおもしろさです。
http://rookiemag.com/

ラガーフェルド、プラダ、ディオールなどの大御所が絶賛、
ファッションショーの特別席に招待されるほど。
本人はそれに踊らず、あくまでマイペースのようですが。

で、私の読んだ記事は、
彼女のアートとファッションを見る晴れた目が
大人のブランド志向の曇りがちの目を超えている、とのこと。

そりゃ大人のファッションは打算的だし、
おもしろいだけじゃ成立しないだろから、
15歳の破天のアートセンスには勝てないかも。

そういう考えにいたったのは、
自分の人生を考えても15歳あたりっつうのは、
ビシビシと想像を創造に変えることができたよな頃だった。
今はその半分以下、かなり以下以下、だ。

実は
脳に創造の活力を与える、しあわせなホルモン、ドーパミンは
20歳をピークにして、10年おきに10%低下するのだそうだ。
〔個人差はありますが、、、)

おとなの私は、
何かと知った顔ですが、
想像と創造に秀でる若い世代にもっともっとの尊敬を捧げたいです。
人生の決断や、空気をよむ力、出来事の数々を編集するのは、
おとなの脳、海馬が力を発揮するとのことですが、
それをふりかざすってのは筋違いってこったぁ。てやんでぇ~
こっちとら、まだまだダぃっ。

と、べらぼうに雑誌を閉じて、、、


さ、家帰って夕飯つくろ。





Related Entries