young kiz


例えばなんだけど、コドモに歌舞伎を見せたり、シェークスピアを見せたりすると、
わかりにくいから退屈するわりに、いくつかの場面をバカ喜びして、いつまでも覚えていたりする。
コドモっていうのは、そういうわからないことを楽しむ、っていうすごい能力をもっている。


小学生のとき、母がボリショイバレエを観につれてってくれた。確かジゼルだったと思うけど、ストーリーは全くわからず、のろのろと同じよなダンスばかりが続いて退屈だった。でも圧倒的な美しい動きと、チュチュが上下にひらひらして照明を吸い込んでいるのを夢中で見てた。そして華麗な世界があることをたっぷりと知った。


flower tower


私が学校でショーをする時、学年に応じた作品が要求され、「わかりにくい」レベルの作品は拒否される。それをあえてすることは、私にとっての挑戦。高いエンジニアリングの現代折紙に、抽象的なおはなしを折り込む作品をつくっています。こけてばっかしの作品で、時間がかかってばっかしの作品で、ほんまどないすんねんってはなしやねんけど、、、、



Related Entries