new year

新年はナマケモノ三昧しました。
ベッドの端っこに編み物、ギター、電子本をおき、
新年の崇高な空気を無視して遊んでしまった。

村上春樹著「1Q84」。
この本、いったいいつから読んでるか。
ダーリンもムラカミファンだから、英語バージョンを手にいれた故に、私の読む速度はがくんと落ち、もう半年以上たってる。いつも他に2,3冊同時に読むから、ほうったらかしになることも、、、。
ましてやこの本は謎だらけで、ゆっくり読まないとしっくりこない。そして不思議なのは、その謎がまるで自分に落ちてきたもののように思え、何かがわかると興奮して、我が事のように大騒ぎしてしまう。

編み物しながら
1Q84の謎にもて遊ばれて、
逆立ちして、ポケットにあるもんを全部落としてしまったような気持ちになる。

ふ~む、
謎は1Q84に限らない。
この世は謎につつまれている。
たとえば、、、
犯人は誰か?
なぜ殺されたのか?
柿はなぜ甘いか?
スターバックスは世界制覇するのか?
なぜガンになるのか?
なぜ人は死ぬのか?
あたしの足はなぜ短いか?
明日は何が起きるのか?

おおごとだらけだ。
謎は尽きることなくある
答えがないまま、何千年も何億年もたっている謎だってある。
でも日はまた昇る。

理不尽な悲しみや怒りに泣き崩れても、
闇を照らしてくれる月が落ちても、
月はまた昇り、天から離れない。
「月落ちて、天を離れず。」
そんな禅の言葉に学ぶことだってできる。

ギターをじゃらん、と弾いて、
ナマケモノですが、
2013年をいい年にしたい、っていっぱい思います。
新年のお祝いのないアメリカですが、お祝い気分になってきました。

相変わらず自分勝手なブログを読んでくださる方、
いつものぞいてくださる方に感謝でいっぱいです。
2013年、楽しみですね。共に感動でいっぱいの年にできますように!!



Related Entries